チュートリアル : 線グラフ画像の自動数値化

以下のステップにより線形直交座標上の1つの曲線が自動的に数値化されます。

STEP 1
  • 図に示されるように File/Import を用いて サンプルディレクトリから testcase.png をインポート(取り込み)します。ここに示されない他のインポート方法としては、コマンドラインで オプション "-import" を使用する方法、コピーアンドペーストを使用する方法、ドラッグアンドドロップを使用する方法があります。
STEP 2
  • 軸の端点を入力する前に Axes Point ボタン(軸の端点ボタン)をクリックします。これにより 座標系を定義することになります。
tutorautolinegraph3.png
  • 最初の軸の端点をクリックしてそのグラフ上の座標を入力します。
tutorautolinegraph4.png
  • Click on one of the axes to add the second axes point, then enter its graph coordinates
tutorautolinegraph5.png
  • Click on one of the axes to add the third axes point, then enter its graph coordinates
tutorautolinegraph6.png
  • View the processed image by selecting the View/Processed Image menu option.
tutorautolinegraph7.png
  • Tune the discretize settings using the Settings/Discretize menu option, so unwanted information in the image is removed. The dialog that appears is explained at Discretize Dialog.
tutorautolinegraph8.png
  • Remove the grid lines from the original image using the Settings/Grid Removal menu option, so unwanted information in the image is removed. The dialog that appears is explained at Grid Removal Dialog.
tutorautolinegraph9.png
  • Click on the Segment Fill button.
tutorautolinegraph10.png
  • Click on each segment of the curve to add regularly spaced curve points along that segment. Repeat until points have been created for all of the segments in the graph.
tutorautolinegraph11.png
  • Export the curve points into a tabular text file using the File/Export As menu option as shown. Not shown are the other methods of exporting the curve points from the curve geometry window: copying and pasting, and dragging and dropping


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-11-01 (木) 18:56:54 (3917d)