GNU Scientific Library

URL
http://www.gnu.org/software/gsl/
日本語マニュアルのリンクは切れています.
以下を参照してください。
Ref
Windows で GSL (GNU Scientific Library) をビルドとインストール(Windows 上の Cygwin を使用)
https://www.kunihikokaneko.com/free/wintoolchain/gsl.html
CERNのプリビルドパッケージを使う方法
http://gonzaburou.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/gslvisual_cc_8716.html
http://gonzaburou.cocolog-nifty.com/blog/files/GSL_VC.pdf
VC++2005 EXPRESS で GSL を使う(Use GSL Library with VC++2005 Express edition)
CERN LCG-AA Software Elements Page
http://lcgsoft.cern.ch/
CERN Distribution Area
http://service-spi.web.cern.ch/service-spi/external/distribution
GSL_1.10までしかない
David GELDREICH Home Page
http://david.geldreich.free.fr/dev.html
GSL 1.13 binaries for Windows (VS 2008)
Brian Gladman's Home Page
http://brg.a2hosted.com//oldsite/computing/index.php
GSL_1.16をVS12でビルドするためのプロジェクトファイル
Windowsで使う方法ならここ! -> Building GSL on Windows Using Native Tools
https://www.gnu.org/software/gsl/extras/native_win_builds.html
(検証はこれからしていく予定)

2018-05-01 (火) 09:56:20現在 

GSL_1.10__LCG_win32_vc71.tar.gz            04-Mar-2008 14:59  2.4M  
GSL_1.10__LCG_i686-winxp-vc9-dbg.tar.gz   20-Jan-2011 17:10  2.4M  
GSL_1.10__LCG_i686-winxp-vc9-opt.tar.gz    28-Jan-2011 17:20  2.4M  

というプリビルドパッケージがあるので VC9(Visual Studio 2009) や VC10でも使えるかもしれない。(未テスト)

Tips

ベクトルや行列、作業領域の確保に関してはかならず、alloc と freeを対で使う。
In the case of using VECTOR,MATRIX,Working Area , USE alloc with free.

当たり前の話であるが、allocしたらかならずfreeすること。
Reference Manualの例題は、短いプログラムなのでプログラム終了時には開放されるので明示されていないが、必要が無くなった時点でfreeしておかないと大きなプログラムでは、メモリ使用量が大きくなるし、バグの原因となる。
It's a popular story to use "alloc" with "free" everytime.
At examples in the reference manual,"free" is not displayed clearly because those are short programs. But not releasing memory with "free" causes a large required memory and the buggy feature in large scale program.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-01 (火) 11:06:52 (201d)