Top / Software / Image / ImageProPlus / Tips / HowtoGetIntensityTrace

シーケンス画像の特定部位の輝度変化の追跡方法

  1. 変化を追跡する部位を選択する。

    ツールバーの NEWAOIにより 矩形、円形もしくは自由曲線にて選択します。

    マウスのスクロールボタンを用いて拡大して選択すると楽に希望位置が選択できます

  2. 変化の追跡は、メニューの[測定]-[動体追跡]にて行えます。
    1. メニューを選択すると Tracking Data Table というダイアログが開きます。
    2. ツールバーの左から5番めの[動体追跡のオプション]を選択して オプション設定のダイアログを開きます。
    3. ダイアログの[測定項目]のタブを開きます。
    4. 上のリストボックスから測定項目を選択して[追加]ボタンを押すことにより下のリストボックス(Selected Mesurement) に選択された項目が追加されます。
      X座標,Y座標,面積,濃度(平均値)がお薦めです。
    5. 選択が終わったら、[OK]ボタンを押して確定してくだい。ダイアログは閉じます。
    6. 選択条件は、Tracking Data Table ダイアログのツールバーの左から7番めの[オプションを保存]を つかって保存することができます。
    7. Tracking Data Table ダイアログのツールバーの左から11番めの[輝度追跡]を押せば、シーケンス内の 全てのフレームについて追跡が行われ、Tracking Data Table ダイアログに新しいトラックが追加されます。
    8. デフォルトでは、選択した場所のラベルは、トラックの名称になります。ラベルの大きさは、[動体追跡のオプション] ダイアログで設定できます。
    9. 同一パソコンにMS EXCELが入っていれば、ツールバーの左から4番めを押すことによりエクセルにデータをコピーする ことができます。
      また、ツールバーの左から3番めを押すことにより保存することもできます。
    10. 表示したいトラックを選択して、ツールバーの一番右にあるボタンを押すことによりグラフ化することも可能です。

1データピクセルだけを追跡したい場合は、矩形AOIにて選択すればトレースすることができます。
シーケンスの保存には、TIFF形式もしくはSEQ形式を用いてください。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-02-09 (金) 11:21:54 (4182d)